2017年08月18日

きっかけは



こんにちは、鈴々音です。



治療中、いろいろなものを読みました。

おそろく、このブログをお読みのみなさまも、
何かしら読んだご経験があるのではないでしょうか。


病院から渡された病気に関する説明パンフ。
本屋さんに並ぶ、
病気についてや、治療中副作用の対処法について、
また、治療中、治療後の食事に関すること本など。


とにかく、情報は本当にたくさんありすぎるほどです。



私は、今の自分を助けてくれるものは何度も読みました。

副作用がひどかった時には、
どんな対処法があるのかを知りたくて、
本に書いてあることを、いろいろ試して、
最終的にその時の自分に合うものを見つけていました。




病気以外の本も、よく目にしました。

「気持ちをあげたい」
「マイナスばかり考えない」
「笑って過ごしたい」
「このままじゃダメ・・・」


いろいろな感情が入り混じっている自分・・・

何か、きっかけになる言葉が欲しかったのでしょうね。




そして、あるとき出逢った言葉。



それは「ムーミン」の物語に出てくる
「リトルミィ」という女の子の言葉です。



逆よ。まったく逆よ。
自分と向き合うにはひとりになるんじゃないわ。
いろんな人と関わりあうのよ。
お友達とおままごとしろって言ってるんじゃないの。
自分の知らない、自分を知らない人たちと関わりあうのよ。
見えてくるわよ、本当の自分が。




こうして私は、

『「かたろーさ」に行ってみよう』

と、思ったというお話でした。




お読みいただきありがとうございました。


以上、鈴々音でした。

posted by kataro-sa at 15:21| 日記

2017年08月17日

もう1つの千羽鶴


みなさま こんにちは



今日は
とても素敵な千羽鶴が
かたろーさに飾られました


CIMG1250.JPG


H子さんが
5年前に、発病したとき
1人で折った千羽の鶴


入院中に
1人で折り続けたと教えて下さいました


その後
自分で鶴をつづって
ご自宅のクローゼットにさげてあったのだけど
ちょっと、ズルズルと崩れかけていたこともあり・・・


今回
Kさんのために千羽鶴をつづりながら
ご自分の千羽鶴を
リメイクしてみたいと思うようになりました


そして
今日、仕上がった鶴を
見せに来て下さいました


CIMG1255.JPG



かたろーさには
こんな素晴らしい千羽鶴が
2本も飾られていますぴかぴか(新しい)



H子さんが
病気と向かい合いながら
どんな気持ちで、千の鶴を
折り続けたのだろう・・・と
思うと、ちょっと目頭が熱くなります


二千羽の鶴が
美しいオーラを放って
みなさまをお待ちしています
いつでも
見にいらしてくださいね揺れるハート


かたろーさ担当看護師 北野がお届けしました



















posted by kataro-sa at 17:11| 日記

2017年08月16日

根っからの楽天家


みなさま こんにちは


お盆という時季
いかがお過ごしでしょうか


ご先祖さまに想いを寄せたり
静かに手を合わせたり・・・


大切な時間ですねぴかぴか(新しい)


さて
今日の午後、入院中のOさんと
話しました


かなり
舌のハードな手術と治療をされているのですが・・・


「手術を受けるために東京の病院にいたときは
まわりが心配していた中で
絶対、スカイツリーに行きたい!と思っていたから
しんどくなかった」


「手術のとき、妹がアメリカに行っていたから
あ〜アメリカに行きたい揺れるハートとか、ずっと考えていたから
そんなに辛くなかった」


笑顔で話してくださいました


今は
まだ、刻み食の日々


ひたすら
から揚げと焼肉が食べたくて
その日を夢みているそう


閾値(いきち)が高いなあと
私は
いつもOさんと話して思います


「根っからの楽天家なのかな?」と
話すOさん


毎日
お母さまと妹さんと
ラインやメールのやりとりをして
笑いが止まらないそう


まだまだ
治療が続くOさん


いっぱい
楽天家としての思考のヒントを
教えていただきたいですひらめき


かたろーさ担当看護師 北野がお届けしました























posted by kataro-sa at 16:44| 日記